KIDS
Top Link Privacy Policy


お問い合わせ

ご挨拶 ブリーフセラピーとは 研修案内・申し込み 研修生制度
講師プロフィール
書籍紹介
解決志向ブリーフセラピーを中心とした、カウンセリングに関する研究会・研修会を行っています

2020年度末 春期研修のご案内
 各研修のお申込みの際、詳細はPDFのご案内にて、ご確認ください。
春期研修 【受付開始】
  2020年度末(2021年3月)の研修は、3講座を企画しました。
解決志向ブリーフセラピー(Solution-Focused Brief Therapy)は、「問題志向」から「解決志向」への発想のシフトをもたらします。問題や原因に注目するのではなく、クライエント(Cl)は十分なリソース(資源)と強さをもっており、自身の人生の専門家であると考え、その望む未来の状態をClと協働してつくり出していく、肯定、尊敬、安全性を特徴とする効果的・効率的なアプローチです。実践に役立つ視点と、明日から使える具体的なスキルを提供します。
幅広い領域で効果をあげているこの手法を、ともに学んでいきましょう。


D.解決志向ブリーフセラピー 初級 (講義と質問)    3月20日(土・祭日)
目的 解決志向ブリーフセラピー(SFBT)の基礎を、KIDSテイストで、1日で明快に楽しくお伝えする初学者向けの講座です。もう一度、理論を整理したい方、書籍だけでなく講義でしっかりと理解したい方、質問大歓迎、「ワーク&デモンストレーション」講座の理論編として学びたい方にもお勧めです。
※『森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー』(ほんの森出版)がテキストとなります。
参加資格 特になし
開催日時 3月20日(土・祭日) 10:00〜16:30(受付9:30〜)
会場 Zoomによるオンライン研修
参加費 \14,000(院生¥6,000)(税込)
定員 25名  定員に達し次第、お申込を締め切ります。
講師 黒沢 幸子
臨床心理士 公認心理師 目白大学心理学部/同大学院心理学研究科特任教授、KIDSカウンセリング・システム(チーフ)、上智大学・駒澤大学・岐阜大学等大学院、兼任講師。学校臨床を得意としつつ、危機対応を含む幅広い臨床経験が売り。教育相談/カウンセリング研修・臨床心理士会/小児科/児童相談所研修等で全国に飛ぶ。第45回読売教育賞最優秀論文賞(教育カウンセリング)、日本ブリーフサイコセラピー学会賞受賞。「森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー」等、解決志向ブリーフセラピーに関する実践的な著書多数。




E.解決志向ブリーフセラピー 実践 : ワーク&デモ   3月27日・28日(土・日)
目的 解決志向ブリーフセラピー(SFBT)について、ワークとデモンストレーションを交えて、体験的に学びを深めます。対話的な姿勢を重視しつつ、KIDSのオリジナリティ、講師(黒沢)の持ち味を加味して、楽しみながら学んでいただきます。リピーター歓迎!
※初学者の方は、上記Dコース(3/20)と合わせてのご参加、あるいはテキストの事前のご一読をお勧めします。
(参加者には守秘義務遵守をお約束いただきます)
参加資格 SFBTを体験的に学びたい方
開催日時 3月27・28日(土・日) 10:00〜16:30(受付9:30〜)
会場 Zoomによるオンライン研修
参加費 \33,000(院生¥20,000)(税込)
定員 25名  定員に達し次第、お申込を締め切ります。
講師 黒沢 幸子
臨床心理士 公認心理師 目白大学心理学部/同大学院心理学研究科特任教授、KIDSカウンセリング・システム(チーフ)、上智大学・駒澤大学・岐阜大学等大学院、兼任講師。学校臨床を得意としつつ、危機対応を含む幅広い臨床経験が売り。教育相談/カウンセリング研修・臨床心理士会/小児科/児童相談所研修等で全国に飛ぶ。第45回読売教育賞最優秀論文賞(教育カウンセリング)、日本ブリーフサイコセラピー学会賞受賞。「森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー」等、解決志向ブリーフセラピーに関する実践的な著書多数。




F. 傷ついた人々への解決志向の治療的対話トレーニング 第2弾  3月21日(日)
目的 11月に実施した研修の第2弾として、広い意味でいわゆる傷ついた人々への解決志向の治療的な対話について、参加者の皆さまとともに学び、相互にトレーニングを行います。 解決志向ブリーフセラピーは、そもそも、虐待やDV、依存症など、傷つきの大きな人々やそのご家族へのセラピーの中から生まれてきています。解決志向の本質に立ち返り、また臨床実践に役立つことを目指して、解決志向をベースにした対話を身に着けられるようにと考えています。
※条件が満たされれば、臨床心理士資格更新ポイント対象研修会として申請する予定です。
参加資格 危機介入の理論、トラウマへの理解など 一定の理解をされている方
開催日時 3月21日(日) 10:00〜16:30(受付9:30〜)
会場 中野サンプラザ 研修室2 東京都中野区中野4-1-1
Zoom研修への変更の可能性有
参加費 \17,000(院生¥8,000)(税込)
定員 30名  定員に達し次第、お申込を締め切ります。
講師 黒沢 幸子
臨床心理士 公認心理師 目白大学心理学部/同大学院心理学研究科特任教授、KIDSカウンセリング・システム(チーフ)、上智大学・駒澤大学・岐阜大学等大学院、兼任講師。学校臨床を得意としつつ、危機対応を含む幅広い臨床経験が売り。教育相談/カウンセリング研修・臨床心理士会/小児科/児童相談所研修等で全国に飛ぶ。第45回読売教育賞最優秀論文賞(教育カウンセリング)、日本ブリーフサイコセラピー学会賞受賞。「森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー」等、解決志向ブリーフセラピーに関する実践的な著書多数。




KIDSカウンセリング・システム研究会は、1998年の開設以来、学校・産業・医療・福祉といったコミュニティ領域でのより良い援助サービスを求めて、「解決志向アプローチ」「ブリーフセラピー」の発想や技法、「コミュニティ・アプローチ」「メンタルヘルス」の視点を軸に、実践に役立つ知恵を分かち合うよう、様々な対人援助職・教育職の皆様と共に研修・研究活動を展開して参りました。

これからも、KIDSカウンセリング・システム研究会は、常に少し新しい工夫・視点を織り交ぜ、前を向いて皆様と共に「もうちょっとステキな」解決像の構築とその実現に向ってスモールステップで歩んでいきたいと思います。役に立つことを追い求めつつ、お会いするたびに何かしら新しい“表情”をお見せできれば、と願っています。