KIDS
Top Link Privacy Policy


お問い合わせ

ご挨拶 ブリーフセラピーとは 研修案内・申し込み 研修生制度
講師プロフィール
書籍紹介
解決志向ブリーフセラピーを中心とした、カウンセリングに関する研究会・研修会を行っています
講師プロフィール

氏名:黒沢幸子(くろさわさちこ)

所属
目白大学人間学部心理カウンセリング学科/同大学院心理学研究科臨床心理学専攻 教授

資格・専門分野
臨床心理士。臨床心理学、スクールカウンセリング、コミュニティ心理学

主な著書
『指導援助に役立つ スクールカウンセリング・ワークブック』(金子書房)その他多数

所属学会
日本心理臨床学会、日本ブリーフサイコセラピー学会(理事)、日本コミュニティ心理学会、
日本教育心理学会、日本精神衛生学会、日本学校心理学会、日本ピアサポート学会、
日本産業精神保健学会

略歴
1983年 上智大学大学院文学研究科教育学専攻心理学コース博士前期課程修了(文学修士)
1995年 文部省「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」東京都スクールカウンセラー
2000年 文部省「学習指導要領解説:道徳」作成協力者
2002年 内閣府「青少年相談機関の連携に関する調査」企画分析委員 等
精神神経科クリニック・カウンセラー、私立公立スクールカウンセラー、産業臨床カウンセラー、上智大学・立教大学大学院等の非常勤講師、東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野 客員研究員等を経て、現在に至る。
第45回読売教育賞(教育カウンセリング部門)最優秀論文賞受賞。
現在は、KIDSカウンセリング・システム チーフコンサルタント、駒澤大学大学院、
岐阜大学大学院、上智大学講師を兼任。

講師からのメッセージ
楽しく学んでみんなで元気になること、それを目指しています!日々是臨床、日々是感謝。

黒沢先生って?(スタッフより)
学校臨床心理士の活動において早期から積極的に発信し続け、後進の育成にも熱心に取り組んでいる。解決志向ブリーフセラピーをバックボーンに、どんなところからもリソース(資源・材料)を見つけ出し、味つけ自由なリソース利用に満ちた臨床! 優れたコミュニティ感覚、打てば響く抜群の臨床用の反射神経と、ナチュラルなジョイニング・スキルはピカイチ。著書より、論文より、電波より、ナマ黒沢がいいという声が聞こえる。実は、3人の子持ち。スクールカウンセリングに関する著書多数。学校臨床を得意とする一方で、幅広い臨床経験(医療・産業)が売り。
ゼミ出身者曰く、黒沢ゼミはクセになります(何がかはお聞きにならないで下さい☆)。森先生とのチーム・ティーチングでは、ツッコミ役。



氏名:森 俊夫(もりとしお) 2015年3月17日 逝去

所属
東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野 助教

資格・専門分野
保健学博士、臨床心理士
精神保健学、臨床心理学、ブリーフセラピー

主な著書
『先生のためのやさしい精神医学』(ほんの森出版)その他多数

所属学会
日本ブリーフサイコセラピー学会(理事)、日本心理臨床学会、日本教育心理学会、
日本精神衛生学会、日本産業精神保健学会

略歴
1958年大阪生まれ
東京大学大学院医学系研究科保健学専攻第T種博士課程修了

日本ブリーフサイコセラピー学会 学会賞受賞(2002年)
現在、武蔵野大学大学院・東京学芸大学非常勤講師、
KIDSカウンセリング・システム スーパーヴァイザーを兼任。

講師からのメッセージ
黒沢先生とのチーム・ティーチングを是非観にいらしてください!

森先生って?(スタッフより)
ブリーフセラピー、ミルトン・エリクソンに関する著書・訳書多数。個人臨床・家族臨床のみならず、地域・産業・学校といったコミュニティ臨床まで、どの領域の方にもわかりやすい語り口で評判。学生演劇出身だけあり、講演・研修は、自らの俳優生命をかけており、上手い! 臨床は縦横無尽にブリーフセラピーの諸技法を駆使し、鮮やかな解決の結末に目を見張る。日常は意外にも寡黙。発達障害にも造詣が深く、対人関係発達支援に関する療育は近年の研究テーマである。精神医学の話になると譲らない。軽妙洒脱な文章には、ファン多し。二児のパパだが、娘には弱い。黒沢先生とのチーム・ティーチングでは、ボケ役。ピン芸ではみられない、黒沢先生とのチーム・ティーチングならではの息のあったボケっぷり(と安心して吐く毒舌ぶり)が堪能できるのは、KIDS の研修だけ!



その他 : 臨床心理士、精神保健福祉士、社会福祉士等

職域・研究領域
スクールカウンセリング、家族支援、自閉症児等発達支援、スクールソーシャルワーク、
心理教育プログラム、産業メンタルヘルス 他

KIDSカウンセリング・システム研究会は、1998年の開設以来、学校・産業・医療・福祉といったコミュニティ領域でのより良い援助サービスを求めて、「解決志向アプローチ」「ブリーフセラピー」の発想や技法、「コミュニティ・アプローチ」「メンタルヘルス」の視点を軸に、実践に役立つ知恵を分かち合うよう、様々な対人援助職・教育職の皆様と共に研修・研究活動を展開して参りました。

これからも、KIDSカウンセリング・システム研究会は、常に少し新しい工夫・視点を織り交ぜ、前を向いて皆様と共に「もうちょっとステキな」解決像の構築とその実現に向ってスモールステップで歩んでいきたいと思います。役に立つことを追い求めつつ、お会いするたびに何かしら新しい“表情”をお見せできれば、と願っています。